旅館

【下呂温泉 湯之島館】春慶荘の部屋はちょっとお高いけどおすすめできる!

2019年8月3日

下呂温泉にある湯之島館に泊まってきました!

今回はちょっと奮発してかなりいい部屋を予約してみました。

その名も「春慶荘」。3つの和室に、部屋にお風呂(温泉)が2つ付いている素晴らしいお部屋。

なんと僕の場合一人38,000円くらいしました・・・。こ、こんな高いところ僕のような庶民は初めてなのでいろいろな思いがあります。

あの司馬遼太郎も賞したといわれている格別のお部屋と紹介されていて期待値は高かったんですが、たしかにそれくらい払った価値はあったと思います!

そんな春慶荘の様子を細部までバッチリとカメラに納めてきたので、紹介したいと思います!

まず春慶荘のお部屋の全体的な雰囲気から

文化財のような素敵な雰囲気!2人だともったいないくらい広いです!

メインの和室の雰囲気がいいですね。なんか古きよき日本文化だな~と感じちゃいます。

ここの広さは8帖となっています。

そのとなりにある和室。ここで6帖の広さがあります。2人の宿泊ではもったいないくらいの広さです笑

和室ならではの広縁のスペースもあります。ここもとても雰囲気がいいです。

これだけで今まで泊まった部屋と比べて明らかにランクが高いのが分かってきます。湯之島館すげーです。

和室を仕切るふすまも、細工がされています。

玄関がまた味のあること!丸い障子から光りが入るのもとても渋い!

僕の実家も田舎のほうにありますが、昔はこんな感じだったなーと。なんか懐かしいような。

照明もおしゃれな形です。

トイレに続く通路と鏡台があります。

なんとトイレは、洋式トイレと別に男性用もあります!ちゃんとリノベーションもされていて嬉しいし、こんな設備が整っている部屋珍しいです。

さりげなく隠し扉もあります。

やっぱり細かいところにもこだわりがあります。飾り棚のようなものもありました。

ポイント

お部屋には飛騨の伝統工芸「春慶塗り」が施されています。落ち着きある風情を感じられるのが特徴です。

部屋からは庭園と杉の木が見られる

庭園の感じもあり山を感じられる景色です!辺りをスッキリ見わたせる感じではないですが、こういう景色って眺めていると落ち着けるんですよね。

僕は夏でしたが、それ意外の季節でもよさそうですね!特に秋だと紅葉がキレイなことは間違いないです!

つづいて部屋付のお風呂の様子

主役のお風呂の前に・・・驚いたのがこちら

え!なんと!部屋付のお風呂まで専用通路がありました!いや~これにはたまげました。

この眺めの通路を進むと・・・またちょっと洒落た扉があります。なんかワクワクしてきます。

そうすると脱衣所?のような空間が。いやいや広すぎじゃないですかこれ!そしてここでもクーラーが効いてて快適。

お風呂の入口にまたさらに脱衣所があります。さぁこの先がお待ちかねの部屋付き風呂です。

シャワーからも源泉が出る贅沢な2つの部屋付き風呂!

内湯は檜風呂でいい感じです!部屋付きのお風呂は全て温泉!そしてシャワーから出るのも源泉!

もはや内湯だけでも十分ですが・・・贅沢なことに露天風呂もあります!これももちろん温泉!露天のほうは岩風呂です。

いやはや・・・なんか大浴場に行かなくてもいいんじゃないかくらいのレベルです。期待通りですがやっぱりすごいです。

露天風呂は開放感バツグンです。部屋からも見えましたがこの景色の中で温泉に浸かるのは最高でした!

ちなみに外から見えるんじゃない?と思うかもですが、隣の部屋からは見えないような設計になっているので大丈夫です。その辺は僕も気になって確認したので問題なしです!

【下呂温泉のおすすめ旅館】湯之島館の口コミ!実際に宿泊もしてきたので紹介!

続きを見る

お部屋で気になったところ

広すぎて冬になるとちょっと寒いかも

夏はクーラーがガンガン効いていて涼しいですが、部屋の広さを考えると冬だと暖房が行き渡らなくて寒い気がしました。

お部屋自体は大丈夫だと思いますが、トイレやお風呂につながる通路などはちょっと気にかかるところかなと感じました。

お部屋の照明スイッチが1か所しかない

部屋自体(トイレ・お風呂を除く)の照明スイッチは集約されていて洗面台の近くに1つしかないです!一応隅々まで探したので間違いないと思います。

ほんのちょっと寝る前は不便かなと思いましたが、これくらいは大したことじゃないかもしれないですね。

その他

部屋に虫が出る噂を耳にしていましたが気になる害虫は出ませんでした。でも部屋や季節によって変わるかもしれないので、虫が苦手であれば一応気に留めておいたほうがいいです。

お部屋が広いからこういう利点も

布団は8帖のメインの和室に敷いてもらいますが、希望があれば翌日布団はそのままでOK。なので6帖のサブ的な和室のほうにテーブルを置いて、こっちで朝ご飯をいただくことができます!

お部屋の広さがあるからできることですよね。これなら朝ご飯のあとに布団でゆっくりもできます!

もちろんセッティングは従業員さんが丁寧にやってくれるので助かります。

まとめ:春慶荘は値段に見合ったお部屋で満足できる

春慶荘のお部屋はこんな方におすすめ

  • 古きよき日本文化や田舎のノスタルジックな雰囲気を感じたい方
  • なにかの記念日で他よりも特別感を味わいたい方
  • 広々とした空間でゆっくりと時間を過ごしたい方
  • 大浴場よりもプライベートな部屋付きの温泉を満喫したい方

正直こんなにお高い部屋にして失敗しないか不安でしたが、やっぱり選んでよかったと思いました。

湯之島館はお部屋の種類がほかにもいろいろあるので迷うところですが、僕的には春慶荘に泊まってゆっくりと過ごすのはおすすめできます。

湯之島館での部屋選びに迷っていましたら、ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです!

湯之島館を楽天トラベルでチェックする

→旅館の記事一覧はこちらから

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
じっぷ

じっぷ

愛車のスバルXVに乗って旅行に行くのが好きなアラサー男。
主にスバルXV関連のことや、旅行・観光地にまつわること、買ってよかった・悪かったもの等について独断と偏見で発信していきます。

-旅館
-, , , ,

© 2020 じっぷログ