旅館

【銀山温泉】古山閣は源泉100%かけ流し有り!泉質は良いけど汚れが多いのがマイナス

2021年8月2日

山形県というよりも全国的に人気が高いであろう銀山温泉

大正ロマン漂う雰囲気が有名で、そこばかり目が行きがちですが、実は泉質がしっかりした旅館も健在

僕は銀山温泉にある「古山閣」という旅館に泊まりましたが、ここは源泉100%かけ流し風呂があり、銀山温泉の湯をダイレクトに感じられました。

じっぷ
というわけで、泉質にはとても満足した旅館でした。

ただ古山閣のマイナスポイントとして、旅館のお風呂が全体的に汚れていたところ。大浴場、貸し切り風呂の両方とも入りましたが、どちらとも汚れが目立っていたのが残念。

今回の記事では、銀山温泉「古山閣」の温泉についてのレビュー・様子などを写真をまじえて紹介したいと思います。

銀山温泉「古山閣」貸し切り風呂は2つ(1つは源泉100%かけ流し)

まずは貸し切り風呂から。貸し切り風呂は本館の3階にあり、「シャワーなし」と「シャワーあり」の2つのタイプがあります。

入り口は↑のような感じで、それぞれ分かれています。

ちなみに貸し切り風呂に予約は不要で、空いているときに利用するシステムです。利用するときは↑の木を貸切中にすればOK。

脱衣所までの通り。冬場はちょっと寒いと思います。

ちなみに2つとも鍵はかけられる作りになっているので、一応そのあたりは安心です。

まずはシャワーが無い方の貸し切り風呂。↑のとおり、温泉表示では加水・加温は一切していなくて、100%かけ流しになっています。

じっぷ
純粋に銀山温泉の湯を楽しむことができる感じです。

温泉はこのような感じで、半露天風呂のようになっています。雨風を避けつつ外の空気が入ってくるので気持ちいいですね。

貸し切りにしては十分な広さで、のんびり出来ます。

さすがに100%かけ流しだけあって、温泉はちょろちょろと出ていますね。

実際に浸かってみても、肌がしっとりスベっとする感覚。加水や循環をしていないのがよく分かる良い泉質です。

かけ流しだとお湯が熱すぎるかな?と思っていましたが、入りやすい温度で問題ありませんでした。

ニオイについては、ほのかに硫黄のニオイがするだけなので、個人的には全然キツくありません。いつまでも温泉に浸かれるような気持ちよさがありました。

じっぷ
銀山温泉の湯をダイレクトに感じたいならおすすめ。

ただ1つ気になったのが、浴槽の床がめちゃくちゃツルツルするところ。温泉成分で変化した木がヌメッとしているんだと思いますが、油断すると危ないので注意です。

じっぷ
たぶんですが、浴槽の床をあまり掃除していないのかな?という印象。

一方でシャワー有りの貸し切り風呂は、加水だけ行っているタイプになります。

なので先ほどのシャワー無しの方よりかは、ちょっと薄まっている湯です。

このような感じでシャワーが1つあるので、体や頭を洗いつつ貸し切りの温泉に入れるのが良いところです。

ただ、ちょっと床の木が腐食して傷んでいるのが気になる感じではあります。

加水していますが、温泉はこちらもちょろちょろと出ている程度。温泉に浸かってみると分かりますが、100%かけ流しに比べて薄まっている感は分かります。

でもなぜか温度はこちらの方が熱くて、少し浸かっているだけで限界になる体感でした。

じっぷ
なので、僕としてはシャワー無しの源泉に浸かることをおすすめしたいですね。

銀山温泉「古山閣」の大浴場は狭いけど悪くない泉質

大浴場は1階のロビー近くにあります。↑は男湯の入り口。ちなみに女湯はロビーから廊下を歩いた奥の方にありました。

大浴場の脱衣所は、けっこう狭めです。人が5人くらい居るだけで圧迫感がある感じですかね。

↑は大浴場の温泉表示。こちらも加水だけ行っているタイプです。加温と循環はしていません。

誰も入っていなかったので様子を撮ってみましたが、大浴場にしてはちょっと狭いです。

洗い場は3つで、浴槽はこの内湯1つだけなので、他の人とタイミングがかぶるとちょっと大変かも。

肝心の泉質は、加水しているけどそこそこ良い感じです。シャワー有りの貸し切り風呂と同じで、ちょっと薄まってはいますが、軽い硫黄のニオイとしっとり感があります。

じっぷ
温度はちょっと熱めなので長湯は注意ですが、気持ちよく入れると思います。

ちなみに妻から女湯の話を聞きましたが、男湯とほぼ同じような広さとお湯加減みたいです。

ついでにこちらは入り口の様子。こうやって見ると、大浴場自体の作りは昔ながらという感じです。

気になるのは「至るところにある汚れ、大浴場の脱衣所の狭さ」

ここで改めて古山閣の温泉のマイナス点をあげるなら、「至るところの汚れ」と「大浴場の更衣室の狭さ」かなと僕は思います。

泉質の良さはもちろんここまで書いてきた通りですが、同じくらいこの2つが気になります。

 

まず汚れについては少し記事内で触れましたが、貸し切り風呂の木の浴槽がヌメッとしているところ。湯の花とかの温泉成分ならまったく気になりませんが、明らかに木が腐食されてツルツルしている気がしました。

またシャワー有り貸し切り風呂の床も同じように腐食していましたし、掃除とか修復をちゃんとしないのかなと疑問に思いました。

じっぷ
事前に楽天トラベルの口コミも見ましたが、同じようにツルツルしているという意見はありましたしね。

それと大浴場も年季が入っているせいか、壁のカビっぽい汚れが全然落とされていないです。なので、全体的にもっとメンテナンスされていれば良いなという感想です。

そして大浴場の脱衣所の狭さについてです。これも記事内でちょっと触れましたが、大浴場としてはあまりにも狭すぎると思います。

じっぷ
宿泊者数がそこまで大きくない旅館ではありますが、さすがにもう少し広くした方が良いんじゃないかと。

また脱衣所が狭いことでのデメリットがさらにあって、↑は脱衣所の中から入口の扉を写した様子ですが、この入口の扉をあけるとロビーの休憩室が丸見え状態になります。

なので、着替えているときに扉を開けられると、外にいる人に思いっきり見られてしまう恐れがあります。

入口と外との間になにも仕切りがない大浴場は初めてだったので、正直ビックリしましたし、なんかヒヤヒヤして入るの大変だなとも思いました。

じっぷ
まぁ昔ながらの作りで変えていないんでしょうが、安くもない宿なのでもっと利用しやすくなってれば良いなという感想。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

銀山温泉「古山閣」の温泉についてのレビューでした。

泉質は間違いないので、一度は浸かったほうが良い温泉だと思いますし、湯あたりしづらそうな温泉は入っていて気持ちいいです。

ただ汚れと狭さが欠点だと思うので、古山閣の温泉はそのあたりを理解した上で利用したほうが良いと思いました。

温泉は旅館選びで外せないポイントですし、「せっかく銀山温泉まできてハズレだった・・・」と思わないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

→楽天トラベルで銀山温泉「古山閣」の情報をチェックしてみる

→銀山温泉についての記事一覧はこちらから

→旅館の記事一覧はこちらから

【銀山温泉】古山閣に泊まった感想!口コミ・前評判は良かったのに正直期待ハズレでした

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

じっぷ

愛車のスバルXVに乗って旅行に行くのが好きなアラサー男。
主にスバルXV関連のことや、旅行・観光地にまつわること、買ってよかった・悪かったもの等について独断と偏見で発信していきます。

-旅館
-, ,