旅館

【渋温泉】春蘭の宿 さかえや の食事は文句なし!上品な懐石料理で個室の空間も良い!

10月の下旬に長野の渋温泉に行ってきました!

そこで泊まったお宿が「春蘭の宿 さかえや」という評価が高いところでしたが、食事についても個人的に満足できるところでした。

10月ということで秋の味覚を中心としたメニューで、長野らしさも感じられる懐石料理でした。

じっぷ
味もさることながら、見た目にもこだわっていてとても上品。

今回は「春蘭の宿 さかえや」の夕食と朝食について、一例として写真をまじえて詳しく紹介したいと思います!

【渋温泉】春蘭の宿 さかえや 夕食(10月)

まずは夕食から。こちらがお品書き。

10月だったので秋の味覚を楽しめる内容。

こちらは前菜。前菜からとても秋っぽさを感じられる一品。栗や銀杏など、旬のものはやっぱり美味しい。

こちらは5種のお造り。器の下にドライアイスが仕込まれているので見た目が幻想的。もちろんお味もgood。

信州サーモンとフォアグラのソテー。温泉旅館ではなかなか見られない上品な見た目。

長野といえば信州サーモンですが、こういう食べ方も良いですね。

マーブルポークの豆乳鍋。豆乳が使われているのでアッサリ食べられます。

栗と茸の饅頭。こちらも上品な味わいです。

メインは黒毛和牛の溶岩石グリル。ジューシーで美味しいですが、脂もあるので4切れくらいでちょうど良い量。

専用のつけダレ、わさび、塩でいただきます。

ご飯は皇室献上米。みそ汁は白みそベース。長野らしく漬物として野沢菜が付いてきました。

ちなみにアルコール類もいろいろありまして、志賀高原の地ビールも置いているのでおすすめ。

あと写真を撮り忘れましたが、デザートとして信州みそプリンがでました。プリンとみそという組み合わせで独特でしたが、美味しく食べられました。

【渋温泉】春蘭の宿 さかえや 朝食(10月)

変わりましてお次は朝食。まずこちらがお品書き。

こちらはご飯のお供。なめ茸、明太子、ちりめん、あさり葱和え。

こちらはとろろ。朝にピッタリ。

温泉卵もありました。

こちらはマーブルポークと茸のみそ焼き。朝から豚肉?と思うかもですが結構あっさりしていて食べやすいです。

こちらは信州サーモンの塩こうじ漬け焼き。うま味があってこちらもおいしい。夕食から朝食まで信州サーモンづくし!

そして長野名物のおやきもありました。中の具は野沢菜。

朝食も皇室献上米。みそ汁は信州名物のさば竹のみそ汁。

朝にピッタリなりんごジュース。酸味がなくてめちゃくちゃ甘い。

フルーツも長野だからなのか、かなりフレッシュでいくらでも食べられる感じ。

朝食もこれで以上です。

料理の見た目、味、量ともに個人的に完璧

ここまで写真をみてきて想像はついたかと思われますが、料理についてはかなり満足できる内容だと思います。

個人的にですが、すごい考え尽くされているメニューだと思いました。

見た目にこだわっていると、意外と味がちょっと違うなぁと思うときがありますが、まったくそんなことは無くて、誰でも美味しく食べられると思います。

また、長野らしい食材や料理(信州サーモン、山の食材、フルーツ、おやき)も多いので、地のものがちゃんと味わえるのも良いところ。

じっぷ
年配の方にはちょっと多いかもしれませんが、量も個人的にはちょうど良いので程よく食べられる感じ

なので、総合的にみて完璧な夕食、朝食だと思います。おいしい旅館メシを食べたい方は心配ご無用です。

1,000円ちょっとで個室確約できるのでおすすめ

食事会場は、お部屋、大広間、個室と分かれているようですが、お部屋以外であれば個室にするのがおすすめです。

実際に僕は個室確約をしてもらいましたが、1人1,000円くらいでこの変更ができます。

個室だとこのようなプライベート空間で食事を楽しむことができるので、カップルの方には特におすすめ。

雰囲気もよくて、ゆっくりとご飯が食べられます。気になる方は旅館にお問い合わせしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

渋温泉 春蘭の宿 さかえやに宿泊しようか迷っていて、どんな食事内容か気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

間違いなく満足できる内容ですので、実際に経験した僕としてはとてもおすすめです。

→渋温泉 春蘭の宿 さかえや を楽天トラベルでチェックする

→旅館の記事一覧はこちらから

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
じっぷ

じっぷ

愛車のスバルXVに乗って旅行に行くのが好きなアラサー男。
主にスバルXV関連のことや、旅行・観光地にまつわること、買ってよかった・悪かったもの等について独断と偏見で発信していきます。

-旅館
-, , ,

© 2020 じっぷログ