スバルXV

【スバルXV 2年レビュー】雪道での走行性は?⇒抜群の安定感!スタックの心配なし!

スバルXVの雪道での走行性について、なんとなくだけどSUVだし良いんだろうなと思う方はいるはず。

でも雪道って実際に走るとかなり神経使いますし、どれくらいの安定度なのかは走らないと分からないですよね。

そこで雪国に住みつつXVを2年以上運転してきた僕の実感ですが、雪道での走行性はかなり良いです。というか本当スタックの心配がほぼない

じっぷ
以前は軽自動車に乗っていましたが、当然安定感は違いますし、XVを購入してよかったところの1つですね。

今回の記事では、スバルXVの雪道での走行性の良さについて、実際に雪道を走っている僕のエピソードを交えて具体的に紹介していきたいと思います!

SUVだけど重心が低めなのでズッシリと安定感がある

SUVというと車高が高いので悪路に強いですが、車種によっては重心が高めな車もありますよね。

じっぷ
やっぱり重心が低いほうが安定性がありますし、なるべくなら低めの車をチョイスしたい。

その点XVであれば、SUVというカテゴリに属しながら重心が低めなので、ズッシリと安定感があります

これは「XV自体の全高がそこまで高くないこと、スバルならではの水平対向エンジン搭載」という理由があるかと思います。

SUVタイプでなおかつ低重心は雪道を走る上での安定感につながりますし、そういう意味で雪道にフィットしている車だと実感しています。

他の車でスタックする道でもXVなら問題なし

普通の道であれば問題ないですが、駐車場などの除雪がそこまでされていない場所だとスタックの心配があります。

軽自動車、2輪駆動車、車高がひくめの車だと何度もスタックしているのを目にしたことがありますが、XVであれば他の車がスタックしているところでもグイグイ走破することができます。

例えば、大通りから1本入った道幅狭めな道。こういうとこって除雪が上手にされていないことがあり、大雪が降った翌日の朝に苦戦している車がよくいます。

まぁそういう道を通ったほうが時間短縮になるから通るわけですが、スタックして逆に時間がかかっちゃうことってあるんですよね。

僕も他の車に乗っていれば敬遠するかもですが、XVであれば実際に問題ありません。多少雪が残っていても大丈夫なので運転していて頼りになる存在だと思います。

Xモードを使うとパワーが増してさらに走破性UP

スバルXVにはXモードという、よりパワーを増して走破性を高める機能(スイッチ)があります。

正直なところ、これ普段はまったくと言っていいほど使いません

じっぷ
僕も最初は本当に必要なのか?と思いました。

ですが・・・冬になって除雪がしっかりとされていない道、雪が雨を吸ってタイヤが空転しやすい状況などのときに大活躍します。

もちろんXモードを使わなくても走破性は良いですが、Xモードを使うとさらにグイグイと進んでくれます。

じっぷ
車体が傾いても問題ないくらいの走行安定感です。

元々がSUVで走破性が高いのに、さらにこういう機能があるのは雪国住みとして心強いですね。

スキー場への道中・冬の峠道などで大活躍

あまり雪道は通りたくないものですが、あえて通らないといけない時ってありますよね。

じっぷ
それがスキー場への道中や峠道だったりします。

当然ですが、山へ行くにつれて雪も多くなりますし、運転するのも難しくなります。

僕もウィンタースポーツをするので冬は雪道をあえて通りますが、XVに乗りかえてからはこういう道でも運転が楽。

それと標高が高いところだと天気が変わりやすいので、いつ大雪が降ったり吹雪いたりするか分かりません。

そういう意味でも走行安定性が高いXVに乗っているメリットはあるかなと思っています。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

スバルXVの雪道での走行性について、2年以上乗ってきた僕の感想を交えて紹介してきました。

個人的には雪道での走行性能は良いと思っていますし、XVに乗っていれば雪道で困ることは少ないと思います。

雪が降らない地域に住んでいる方でも、ウィンタースポーツをするのであれば雪山には行くとも思いますし、標高が高めな観光地でも雪がけっこうあったりします。

雪と関わることを想定した車選びをしている方がいましたら、XVはおすすめできるので、ぜひ参考にしていただければと思います!

→スバルXV関連の記事はこちらから

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
じっぷ

じっぷ

愛車のスバルXVに乗って旅行に行くのが好きなアラサー男。
主にスバルXV関連のことや、旅行・観光地にまつわること、買ってよかった・悪かったもの等について独断と偏見で発信していきます。

-スバルXV
-,

© 2021 じっぷログ