スバルXV

【スバルXV 1年レビュー】サイドビューモニターは必要?⇒とても便利!付けることを推奨!

2019年7月12日

スバルXVのメーカーオプションのひとつ、アイサイトセイフティプラス(視界拡張)のサイドビューモニターって付けたほうがいいのかな?なんて思っている方はいませんか。

私はサイドビューモニターを装備していないXVなんですが、前に乗っていたのが軽自動車で、XVに乗り始めたころは車幅感覚がうまくつかめなくて苦労したものです。たぶんこのような不安を持つ方っているんじゃないでしょうか。

先日、XVの1年点検があったときに代車としてインプレッサスポーツを使わせてもらいましたが、この車にサイドビューモニターが装備してありました。興味本位で試していたらとても便利なことに気づき、オプションを付ければよかったとプチ後悔です。

今回はサイドビューモニターがあると便利で安心な理由を、このオプションを付けていないXVに1年乗った立場から紹介していきます。

※一応これから紹介するカメラと映像の画像はインプレッサから撮ったものですが、XVと仕様はまったく同じなので参考になると思います。

スバルXV サイドビューモニターとは?

はじめに、サイドビューモニターがどういった装備なのかを簡単に紹介します。

助手席側ドアミラーに装着されたカメラの映像を、マルチファンクションディスプレイに表示。死角を低減し、安全運転をアシストします。

出典:スバルXV公式サイト|予防安全

スバルXVの公式サイトではこのように説明されていますね。

これは車内の画面からカメラ映像を表示している様子です。このように車の左の方が一目瞭然ですよね。

やはりどうしても車の左前あたりって距離感をつかむのが難しい位置ですよね。サイドビューモニターは、この見づらい位置を映像として画面に表示してくれるので、車幅感覚をつかむのが苦手な人でも安心という機能です。

車を傷つけることが減って運転を楽しめる

せっかく新車を買うんだからなるべく傷つけたくないものですよね。しかし、そうはいっても擦りがちなのが車の左側。やはり運転席から遠い分、見づらくて擦るケースは多いと思います。

また、あまりに傷つけすぎた経験がある場合だと、運転することにビクビクしてしまって、運転が苦痛に感じることもあるかもしれません。

それでもサイドビューモニターのような周りの障害物が分かる機能があれば、当然ですが車を傷つけることは減りますよね。見えなかった部分を見えるようにしていますからね。運転することへのマイナスなイメージも段々となくなって楽しめるようになりそうですよね。

そのためちょっとでも傷つけそうなイメージがある方は、迷いなく付けたほうがいいオプションだと思います。

狭い道への恐怖感や苦手意識が消える

車幅感覚をつかむのが苦手な人だと、狭い道って避けがちじゃないでしょうか。特に納車してから間もないときだと、慣れていないので恐怖感や苦手意識が強くなるのも分かります。

私も軽自動車からXVに乗りかえた身ですので、こんなデカい車乗り回せるかなと心配でした。結局サイドビューモニターは装備しませんでしたが、やはり最初は苦手意識があったし、なるべく狭い道は通らないようにする感じでした。

いま考えると、サイドビューモニターがあればもっと楽に運転できていたし、なにより狭い道を回避して遠回りをする必要もなかったなと。それに旅行先だと狭い道がよくありますが、そういう場面でももっと自信をもって運転できたろうなと思います。

こういうマイナスなイメージを持たないためにも、このオプションを付けたほうがプラスになると思いますよ。

前向き駐車がスムーズにできて楽

意外と前向き駐車が苦手な方っているんじゃないでしょうか。バック駐車だとサイドミラーがあるから簡単でも、前向きだと前方が見えるミラーがないから、隣に駐車している車にぶつけそうで怖いですよね。

また、XVは鼻先が長い車なので前向き駐車するとき余計に気をつかいます。私もこれが心配なのでバック駐車派ですが、ときには前向き駐車のみの駐車場は避けられません。

そんなときサイドビューモニターがあれば、直接目で見ている感覚と同じなので距離感がつかみやすいわけです。だから怖くて車を寄せられなくて何回も繰り返すという面倒くささを減らすことができます。

このように狭い道だけじゃなく、前向き駐車でも有効に使えるというところも良い点ですね。

モニターの切り替え操作がお手軽にできて便利

画面に映像を表示させたいときは、画像真ん中あたりにあるハンドルの「SVM」ボタンを押すだけでいいという手軽さ。ハンドルについているので、わざわざ画面をタッチしたりして視線が乱れることもないので便利ですよね。

また、知らない道を通っているときなど、急に道幅が細くて通りづらい場面に遭遇することもありますよね。そういうときもポチッと押すだけでいいので煩わしさがありません。

このお手軽さはやっぱり便利です。私も普段操作していないので最初は不慣れでしたが、たった数分乗っているうちにボタンを見ないで自然と押すことができました。

このように目線を切らなくても操作できるのって、とても安全に運転できますよね。いつ脇道から子供が出てくるか分からない状況の道ではなおさらです。そういう意味で便利な点のひとつと思います。

まとめ:1年経った今でも付けるべきと思えるオプション

スバルXVを購入して1年が経った今でも、サイドビューモニターは付けておけばよかったなと思います。総合的に考えてそれくらいお金を積んでも装備しておいた方がいいものです。

それにメーカーオプションなので途中で付けたくても付けらず、私のように購入してから良さに気づいても遅いです泣。オプション金額も21,600円くらいなので、検討してみる価値大です。

スバルXVのサイドビューモニターを付けようか迷っている方がいましたら、ぜひ参考のひとつにしてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
じっぷ

じっぷ

愛車のスバルXVに乗って旅行に行くのが好きなアラサー男。
主にスバルXV関連のことや、旅行・観光地にまつわること、買ってよかった・悪かったもの等について独断と偏見で発信していきます。

-スバルXV
-, ,

© 2020 じっぷログ