買って良かった物

【詰め替えそのまま】を使ってシャンプーボトルを捨てた!お風呂場をキレイにするなら必須!

2020年7月19日

お風呂でシャンプー、ボディーソープなどのポンプ式ボトルを使っている人は多いと思いますが、

「いちいち詰め替える作業が面倒くさい」

「ちょっと目を離すとボトルの底に水アカが付いて、ヌルヌルして汚ない」

このように思っている方も多いんじゃないでしょうか。

じっぷ
お風呂場って、ただでさえ汚れが付きやすくて敏感ですが、こういうところに目を配らせるのは正直かなり大変。

 

そこでそんな方におすすめなのが、「詰め替えそのまま」というバス便利用品。

僕は使って3ヶ月ほど経ちましたが、もはやこれが無いと無理なくらい重宝しています。おかげで汚れの原因となっていたシャンプーボトルとはサヨナラして、掃除がかなり楽になりました。

今回は、同じようにお風呂場の掃除で悩んでいる方にむけて「詰め替えそのまま」の便利さを紹介したいなと思います!

詰め替えそのまま mini 7点セット レビュー

冒頭でもお伝えしましたが、今回購入したのは「詰め替えそのまま」というバス用品。

簡単に言いますと、シャンプーやボディーソープなどの詰め替えパックをそのまま使えるという画期的なアイテムです。だからボトルを持つ必要はなしで衛生的!

僕が購入したときで、3,500円くらいでした。

詰め替えパックをボトル代わりにしちゃうなんて、ありそうで無かったような感じです。

市販されているほとんどのシャンプー、コンディショナー、ボディソープの詰め替えパックに対して使えるという謳い文句!

さきほど衛生的と言いましたが、それだけじゃなくて、ボトルへの詰め替え作業がなくなって時短にもなります。

じっぷ
詰め替えそのままminiではポンプとホルダーは3つずつ入っています。

詰め替えそのままの使い方は超カンタン!

3つあるうちの1つ、オレンジ色を使ってサクッと使い方を紹介です。

左がポンプ、右がホルダー。1つの詰め替えパックでそれぞれ1つずつ使います。

パッケージにセットの手順は書いてありますが、実際に見た方が早いと思います。

step
1
詰め替えパックの封を切る

まずは使いたい詰め替えパックを開封します。

step
2
ポンプの先っぽをパックの中に入れる

ポンプのレバーを広げて、先をパックに入れます。

ポンプのレバーはこんな感じで開きます。

ポンプの管が入ったら、パチッとレバーを留めます。

step
3
パックの端をホルダーで固定する

そしてホルダーの出番。そのままの状態だとこんな感じですが、

引っ張るとホルダーの固定が解除されます。

この状態で、ホルダーの隙間に詰め替えパックの端を差し込みます。

差し込んだらホルダーを押して固定すればOK。

はい、これで使う準備は完了。めちゃくちゃ簡単なことがお分かりになったのではないでしょうか。

じっぷ
ちなみにホルダーはポンプと対角線の位置につけます。

【実際の感想】使うと分かる!めちゃくちゃ便利なバスアイテム!

実際に使うときは、お風呂場にある引っかけ棒に引っかければOK。

中身を出したいときは、ポンプの丸いところを摘まめば出てきます。ちょっとしっかり締まっていますが、片手でも十分押し込める感触です。

これなら適量出すのもラクラクです。

つまんで出したあとは、しっかりと口がしまるので、中身がポタポタ垂れてくることはありません。

じっぷ
逆さにするからこのあたり心配かもしれませんが、使っていて困ったことなし!

ボトルのヌルヌル汚れ、詰め替えの手間は本当に消え去った!

ここ3ヶ月間使ってみて、ボトルのヌルヌル水あか、詰め替えないといけない手間は100%なくなりました。

詰め替えパックは使いきったらそのまま捨てますし、ボトルを使いまわすことがなくなるので、確実に清潔さが増します。

使いきったら使い切ったで、新しいパックを固定して完了なので、ボトルに注入するという繊細な作業がなくなります。

この「キレイさ・手間のかからなさ」というのはマジで実感しますので、個人的にいますぐボトルを捨てて使うくらいおすすめできます。

パックを逆さにするのでキレイに中身を使いきれるのも良い

もう1つメリットとして、逆さにしてセットするので中身をキレイに出し切ることができます。

ボトルだと逆さにしないので、最後あたり全然中身が出なくなりますし、ポンプを外して逆さにする必要があったと思います。

その反面、詰め替えそのままを使えば、こういう手間も無くすことができて、キレイに中身を絞り出すことができます。

なのでちょっとの差かもしれませんが、もったいなく無いですし、経済的に使えるんじゃないかなと思います。

じっぷ
チリも積もれば山となるですね!

お風呂場に引っかけ棒がなくても専用バーでセット可能

「詰め替えそのままmini」には専用バーも含まれていて、バスルームに引っかけ棒がなくても専用バーを使えば設置できるようになります。

上の写真がその専用バーで、一番左にシャワーヘッドを引っかけて、左から2番目のくぼみをシャワーヘッドを固定する部分に差し込みます。

実際にセットしてみるとこのような感じ。これならどの家庭でもこの商品を使えるかなと思います。

耐重は2kgほどなので、詰め替えパックなら十分支えられる重さですね。

稀に使えない詰め替えパックがあるのでお先にチェック

最初のほうでほとんどのパックで使えると紹介しましたが、稀に使えないパックもあるようです。

といっても、

  • 注ぎ口をカットした際、開口部が20mm以上のもの
  • 材質・厚みが通常と大きく異なるもの
  • 注ぎ口が凹凸形状のもの

という、普通の詰め替えパックでは無さそうな条件のものです。

ほとんどこの条件に引っかからないとは思いますが、万が一当てはまる場合は、見送るしかないかなと思います。

といっても、気を付けるところはこれくらいで、全体的にメリットを感じない商品なので、使ってみて損はないと思います!

お試しで使いたい方は3つセットじゃなくて1つだけがおすすめ

ちなみに3つセットじゃなくて1つからでも販売されているので、お試しで使ってみようという方はこちらがおすすめ。

まずは1つから使ってみて、それで良ければ追加で買えばいいかなと思います。

また3つセットを使っている場合でも、もう少し欲しいときにはこちらがピッタリです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「詰め替えそのままmini」の使い勝手の良さ、あると便利な理由がお分かりになったのではないでしょうか。

お風呂場はかなり汚れやすくてカビも生えやすい場所なので気を遣うと思いますが、少しでも汚れの発生源を絶ってキレイに使えるようにしたいものですよね。

じっぷ
そういう意味でこの商品は生活の助けになるモノですので、個人的にかなりおすすめです。

気になる方は、ぜひチェックしてみてください!

→買って良かったモノの記事一覧はこちらから

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
じっぷ

じっぷ

愛車のスバルXVに乗って旅行に行くのが好きなアラサー男。
主にスバルXV関連のことや、旅行・観光地にまつわること、買ってよかった・悪かったもの等について独断と偏見で発信していきます。

-買って良かった物
-, , ,

© 2020 じっぷログ