買って良かった物

カッコいいデザインと機能性を持つフライパンふた!パール金属フライパンふた BLKP AZ-5011

2019年7月3日

フライパンふたって、いろんなサイズにも使えて機能性は高いけどダサい、逆にカッコいいけど使える幅が狭くて機能性が低い、というような商品が多いですよね。この2つを両立しているのって中々ないんです。

そうなると1つで済む機能性が高いほうを選びがちですが、もっと見た目がなんとかならないのかなぁと前から思っていました。

最近サーモスの丈夫で長持ちするフライパンを購入したので、それにも使えるデザインがよくていろんなサイズにも使えるフライパンふたがないか探していました。

そんな中、アマゾン限定品でよさそうなフライパンふたを発見。いままで見かけていたダサいものと少し違うだけでここまでカッコよく見えるんだと感心しました。

パール金属フライパンふた BLKP AZ-5011

今回購入したのはアマゾン限定品の「パール金属フライパンふた BLKP AZ-5011」。24cm~28cmまでの兼用のフライパンふたで、黒を基調としているシリーズの商品です。

価格は1200円くらいです。大体ほかの一般的な兼用フライパンふたと同じくらいの値段でしょうかね。

ガラス部分は強化ガラス仕様になっています。割れにくそうでいいですよね。

立てかけられるから邪魔にならなくて便利

普通のふただと、どうしても調理中置き場所に困ってしまいますよね。でもこれなら立てかけられて邪魔にならないし、スペースもとらないから便利です。

ただこういうタイプのふたって、たまにグラつきがあるものがありますが、この商品ではそういうこともありません。ちゃんと立ってくれるので押すとすぐ倒れるということはないですね。

このふたは28cmの大きさまで対応しているので、ふた自体わりと大きいですが、この取っ手はその大きさに負けないくらいしっかりと支えになっています。取っ手部分に変な緩みはないし、しっかりと固定されいて心配なしです。

ちなみに取っ手は手にちゃんとフィットする感じなので持ち辛さはありません。立てかけてふたを支えることは大切ですが、取っ手本来の役割である握りやすさもフライパンふたで大事な基準ですよね。そういう面でもこのふたは良い感じ。

黒でスタイリッシュさが際立ってカッコいい

サーモスの26cmのフライパンに被せてみました。見た目がけっこうスタイリッシュでカッコいい感じです。シンプルだけど洗練されているような印象もありますよね。

普通こういうサイズ兼用のふたってダサくなりがちで見た目はあまり期待しませんが、これはそんなことがないです。

こういうふたで一般的なシルバーの配色から、ツヤがある黒という配色に変えただけでこうも見た目が変わるのかとちょっと驚きです。ちょっとのことですが配色って大事なんだなと思いました。

やっぱりどうせ使うならダサいよりカッコいいほうがいいですし、また使いたいという意欲も沸く気がしませんか?そういう思いにこのふたはピッタリとハマる気がします。

汚れが落ちやすい素材だからお手入れが楽チン

どうやらこのふたには、フッ素が含有してあるそうです。だから汚れが落ちやすいということですが、それだけ聞いてもよくわかりませんよね。

ふたの表面を触ってみると、ちょっとザラザラとした感触があります。これがそのフッ素なのかは分からないですが、このザラザラ感があることによって汚れが落ちやすいということです。

実際に洗ってみても、たしかに汚れが剥がれとれる感じで洗いやすい。普通ふたってフライパンや鍋に被せるので汚れがけっこう付くし、溝があるものが多くて汚れが取りにくいですよね。でもこのふたは、そういうストレスがない感じです。細かい溝も特にないし、汚れが多めに付いてもすぐ洗い流せます。

やっぱり日常的に使うものな以上、お手入れが楽チンなのは助かりますよね。こういう機能性があることもいいところです。

ふたとしての基本的な機能も問題なし

いくらカッコよくてお手入れが楽といっても、ふたとしての機能が劣っていたら意味ないですよね。もしそうだったら失敗です。

実際使ってみても、しっかりと蒸気・熱を閉じ込めているので蒸すことになにも問題はないです。ふたのはみ出したところから蒸気の水滴が落ちるような心配もないですし、ふたとしての基本的な機能は、単独サイズのものと変わりなしです。

それに基本的なふたの機能にプラスして、上記写真のようにふたのふちに箸を置けることができてちょっと便利ですよね。こういうプチ便利なところがあるのもいいところです。

若干ふたがズレやすいところだけ注意する

唯一気を付けるところとしては、使っているときにちょっとフライパンからズレやすいところです。

正直こういうサイズ兼用ふたの宿命のような気はしますが、ぴったりとフライパンにフィットするわけではないので、どうしてもしょうがない面ではあると思います。

でも少し傾けたからズレてフライパンから落ちてしまうことはないです。あくまで「単独のサイズ用のふたに比べたら」ということなので過度に心配しなくて大丈夫です。個人的にも全然許容できる範囲だと思います。

まとめ:カッコよくて機能性がいいと料理がより楽しい

こういうデザインがよくて機能性がいいものって、また使いたいなと思えるのではないでしょうか。そう思ってくると、普段よりも料理が楽しくなってくると思います。

私も普段からちょこちょこ料理はしますが、このふたがカッコよくて便利なので、以前よりふたが活躍することが増えました。

料理に対して面倒だなと思うときはありますが、そういうときこそデザインがいいものを使っていると少しでもやる気が湧いてくると思います。

人それぞれ好みはあるでしょうが、このふたならシンプルなカッコよさなので個人的におすすめです。フライパンのふたを購入しようか悩んでいる方がいましたら、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

→買って良かったモノの記事一覧はこちらから

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
じっぷ

じっぷ

愛車のスバルXVに乗って旅行に行くのが好きなアラサー男。
主にスバルXV関連のことや、旅行・観光地にまつわること、買ってよかった・悪かったもの等について独断と偏見で発信していきます。

-買って良かった物
-,

© 2020 じっぷログ