観光地

癒しスポットとして最適!厳美渓の美しさと迫力はストレス発散にちょうどいい!

2019年6月25日

岩手県の一関市にある「厳美渓」に行ってきました。厳美渓は約2kmにもわたって続いている渓谷で、川の浸食よってゴツゴツと形成された岩と、エメラルドグリーンの美しい川が見られます。また、名物として「空飛ぶだんご」があります。

厳美渓に行ってみて思ったことは、川や木々の綺麗さによって癒しを感じられて、さらに岩のダイナミックな迫力があることで、見ているとストレスが発散されていく感じあったということでした。

心が無の状態になるというか、小さいことで悩んでいたことがどうでもよく思えて心がスッキリしていくイメージですね。

日々のストレスでモヤモヤしていて何か気分転換をしたい!というときに、ちょうどいい絶景スポットということが分かりました。

天工橋からの「静と動」を感じる厳美渓の景色が圧巻

厳美渓の下流側に天工橋という橋があります。高くてちょっと揺れる橋なので、はじめは驚くかもしれませんがすぐ慣れます。というよりも、橋から見る2つ景色が圧巻すぎて揺れることがもはやどうでもよくなります。

こっちが上流側の景色です。やはり上流のほうだと岩がゴツゴツして存在感があって見事。それに川の水が白くなっていて流れが強めということも分かりますよね。

実際にこのダイナミックさに目を留めていると、なんだかストレスも一緒に洗い流れていくような感じがあります。

続いてこっちは下流側の写真です。見て分かると思いますが、とても川の流れが緩やかですよね。まるでゆっくりと時間が流れているようで、ずっと見ていると癒されてきて気分が落ち着いてきますよね。私はリラックスしすぎてついつい見入っていました。

この2つの景色は、まさに「静と動」です。この2つ一緒に感じられるのってなかなか珍しいと思いませんか。

高台から一望すると、よりスッキリと景色が広がる

橋から少し歩いて高台から撮った写真です。高いとより遠くスッキリ見渡せていいですよね。こんな綺麗な川と岩のコラボはなかなか見ることができません。

岩場に降りられて間近で迫力を感じることもできる

川の岩場に降りて間近で激流ゾーンを見ることもできます。もちろん足場には気をつけなければなりませんが、近くで見てみるとより迫力を感じることができます。

渓谷って遠目から全体像を見ることが普通だと思いますが、厳美渓は遠くからでも近くからでも見られておもしろいです。

車は市営の無料駐車場に停めて散歩してみるのをおすすめ

駐車場は何ヶ所かありますが、無料の市営駐車場にとめるのがおすすめです。車のナビには「自然休養村管理センター」と入力すれば、すんなりとたどり着けます。

より厳美渓に近い有料駐車場もありますが、やはり厳美渓はとても自然を感じられる観光スポットなので、散歩がてら歩いてみることも楽しみ方のひとつ。渓谷を見られる場所は歩いてもここから5分くらいですし、天気がいい中でこの周辺を歩くのは気持ちがいいです。

川を見ながらこんな木々の遊歩道を散歩するのもいい気分転換になると思います。それにモミジの木があったので、秋になるとこの辺は紅葉でもっと魅力的になる気がしました。

じっくり散策したいなら周遊コースがピッタリかも

ちなみに厳美渓では、30分周遊コースと70分周遊コースがあるようです。私はしませんでしたが、このような楽しみ方もできるので、たくさん歩いてじっくりと観光してみたい方も満足できそうです。

まとめ:厳美渓は旅行を兼ねて癒やされたいときにおすすめ

旅行に行くついでに何かに癒やされたいという気持ちがあるなら、厳美渓に行ってみることをおすすめします。美しくて迫力があるけど、なんだか見ていると心が落ち着く景色なんてレアで少ないと思います。

生で見ると写真で見ていた以上のインパクトがありましたし、見に行く価値は十分にあると個人的に思いました。見た目のダイナミックさに反して気軽に行ける観光スポットであることもいいポイントです。

ちょっとだけ散歩をして絶景スポットでゆっくりするのもよし、じっくり時間をかけて周遊コースを巡ってみるのもよしなので、自分にあった楽しみ方で過ごしてみてください。

今後東北のほうに旅行しようと考えている方がいたら、ぜひ厳美渓に寄って癒やされてみてはいかがでしょうか。

厳美渓の所在地

  • 厳美渓
  • 岩手県一関市厳美町滝ノ上263
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
じっぷ

じっぷ

愛車のスバルXVに乗って旅行に行くのが好きなアラサー男。
主にスバルXV関連のことや、旅行・観光地にまつわること、買ってよかった・悪かったもの等について独断と偏見で発信していきます。

-観光地
-,

© 2020 じっぷログ