経験談

TryWiMAXの体験談!ネット回線工事に時間がかかる人におすすめ!【15日間無料】

2021年3月28日

引っ越しをしたは良いけど、ネット回線の設備が整っていないという場合があるかと思います。

すぐ工事を進められれば良いんですが、回線業者によっては時間がかかってしまい、すぐネット回線を引くことができないことも・・・。

最近僕も引っ越したんですが、「楽天ひかり」のネット回線工事がまったくスムーズに行かずに待ちぼうけ。

じっぷ
スマホを使ってテザリングするにしても、バッテリー消費が早くなったりで使いすぎたくも無い・・・。

そんなときにたどり着いたのが「TryWiMAX」。UQのWiMAXルーターを無料で15日間おためしできるというお得なサービスです。

早速使ってみましたが、結果として普通におすすめできるもので、ネット回線工事までのつなぎとしてピッタリでした。

今回はUQのTryWiMAXを使ってみた感想や、使ってみて気づいた注意点などを詳しく紹介していきたいと思います!

UQモバイルのTryWiMAX(15日間無料の無線ルーター)

出典:UQ WiMAX

まず、TryWiMAXで無料レンタルできるホームルーターは2種類あります。↑画像のとおりです。

440Mbps対応の「L01/L01s」と、より高速な1.0Gbps対応の「L02」というラインナップ。

ということで申し込んだらすぐ発送されました。僕は「L01s」をレンタルしました。

本当はより高速な「L02」がよかったんですが、レンタル台数に限りがあるので在庫がなかった感じ。

じっぷ
やはりより高速なほうは人気がありますね。

無料レンタル品ということで、箱がボロくなっています。

開封するとこんな感じ。

入っているものは↑のように6点。

ルーターとケーブル類。Ethernetケーブルも入っていますが、基本は無線で利用するので不要ですね。

auのSIMカード。これをルーターに挿入することで通信できるようになります。

じっぷ
スマホにSIMを差して使うのと同じ仕組みですね。

ルーターの使い方ガイドと注意事項書類。

TryWiMAXの返却方法の案内表も入っています。なので返却するときも安心ですね。

じっぷ
ちなみに返却するときに必要なヤマト運輸の送り状も同封されています。返却するときはそれを貼るだけで良いので楽。

【実際に使った感想】無料で使うには十分すぎる回線スピード

WiMAXを利用する前の準備として、ルーターのリセットボタンを押せばOK。

無事に通信できると、こんな感じで緑のLEDが点灯します。SIMを差して、電源をつないで、リセットして、というだけなので、すぐ使えるようになって便利。

ちなみにLEDの状態については使い方ガイドにもちゃんと記載されています。

僕は440Mbpsのルーターをレンタルしましたが、実際に使ってみてまったく問題ない通信スピードだなと思いました。

YouTubeやNetflixで動画を見ましたが、読み込みに時間もかからないしサクサクでした。

1Gbpsのほうであればもっと快適にネットができるとは思いますが、それでも普段使う分にはこれで十分ですね。

15日間という期間ですが、これを無料で利用できるのは普通にありがたいですし、ネット工事が遅れて少しの期間だけ使いたい!という状況の方にはピッタリだと実感。

TryWiMAXでお試しするときの注意点

そんな便利なTryWiMAXですが、お試しして分かった注意点をまとめていこうと思います。

15日間といっても15日目までには機器を返却しないといけない

15日間無料という素晴らしいサービスですが、あくまで15日目には返却できていないとダメ。

さらに言うと、TryWiMAXの受付日が開始日になるので、実際にルーターが届く前からサービス開始になります。

じっぷ
受付日から15日目が期限日のような感じ。

なので、実際には15日間も使うことはできない感じで、12~13日間使えればいいかなという程度。

それでも無料なので個人的には文句はないですが、勘違いしやすいところなので注意。

パケットを使いすぎると通信制限(1Mbps)がかかってしまう

前日までの直近3日間の通信量合計が10GBをこえてしまうと、通信速度が1Mbpsに制限されます。

15日間という短い期間で通信制限がかかってしまうのは、正直ちょっと痛いです。

じっぷ
僕はちょうど動画を見まくってしまったので、余裕で10GBを超えて通信制限がかかってしまいました。

1Mbpsくらいだと、動画はもちろんですが、画像の読み込みも遅れるので困る速度。

なのでネットが繋がって快適と思っても、使いすぎには注意ということですね。

手続きとして一時的に違約金の金額が掛かってしまう状態になる

TryWiMAXを利用する前に、一時的に違約金の与信枠が使われます。これはレンタルして返却をしない人への対策で、先払いにしておくような感じですね。

ちゃんと期限までに返却すればこの金額は取り消されるので、普通に使っている分にはまったく問題ありません。

ただ、これによってお金がかかってしまうと勘違いする方もいるかもしれないので、そういう意味での注意点かなと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

TryWiMAXを使ってみて、ネット回線工事がうまく進まないときの"つなぎ"として便利だし、WiMAXを使おうか悩んでいる方にとっても試せる良いサービスだなと思いました。

HPに書いてある謳い文句のように15日間キッチリと使えるわけではないですが、それでも2週間弱も無料で使えるのはうれしい。

TryWiMAXを使ってみようかなと思っている方がいたら、ぜひ参考のひとつにしていただければと思います!

じっぷ
個人的には使ってみてよかったので、おすすめ。

→UQのTryWiMAX(15日間無料レンタル)をチェックしてみる

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

じっぷ

愛車のスバルXVに乗って旅行に行くのが好きなアラサー男。
主にスバルXV関連のことや、旅行・観光地にまつわること、買ってよかった・悪かったもの等について独断と偏見で発信していきます。

-経験談
-, , , ,