どうぶつの森

【あつ森】1ヶ月プレイした感想は飽きた!最初は良かったけどダメになった理由

2020年5月4日

あつまれ どうぶつの森っていますごく人気ですよね。

僕もどうぶつの森はスマホアプリのポケ森をやって以来ハマりまして、あつ森の発売を楽しみにしていました。

なのでちょうど3月20日にダウンロードして、引きこもり生活をエンジョイしようと思っていました。

しかし・・・約1ヶ月くらいプレイしてきましたが、思いのほか熱が入らず飽きてしまいました。

最初は楽しくて良かったんですが、段々ダメになっていきましたね・・・。

そこで今回は、あつまれ どうぶつの森が飽きてしまった個人的な理由を少し紹介したいと思います。

【12選】やったらハマるかも?Switchのおすすめゲームをまとめて提案してみます!

続きを見る

ちなみに飽きた方は、上記から違うゲームをチェックしてみても良いかもです!

とにかくゲームの進みやイベントの発生が遅い!

個人的にゲームの進み具合とかイベントの発生が遅くて、プレイしていてダルくなってきたのが一番の理由です。

最初こそこのペースでもいいかな?と思ったんですが、やっぱり慣れてくると物足りないなと思ってしまいましたね。

ゲームの進みが遅いから同じ事の繰り返しになりがち

あつまれ どうぶつの森はリアルの時間と連動して遊べるゲームです。

これはこれで良いとは思うんですが、それゆえ一日の発生イベントが少ないし進みも遅くなっている印象があります。

結果として同じ事の繰り返しが多くなってしまいますね。

木材や鉱石、魚やムシなどを捕まえて売ってお金にして、DIYをして家具を作って・・・一見楽しそうな感じですが、

これがルーティーンみたいな感じになって面白さが減ってしまいました。

なんかとりあえず材料とか集めないとだからゲームするか・・・みたいな感じですね。

悪くいうと軽い依存のような?

なので、どうも僕にはこの感じが合わないなと思ったところです。

 

CMで流れているような無人島にはほど遠い

今でもあつ森のCMを目にすると思いますが、そこにはめちゃくちゃ豪華だったり楽しそうな無人島が映っていますよね。

あれを見るとワクワクする人も多いですよね。(僕もそうでした)

ですが、ゲームをプレイしてみるとあのレベルまでいくには相当時間がかかるなという印象です。

日中は仕事はあるし、家に帰ってきてからも全部ゲームをする時間にはならないので根気が必要。

そうなると羨ましいと思う反面、そこまで時間をかけてやるのは大変だな・・・と思ってしまいました。

 

やれることが無くなるとベル(お金)とマイル(ポイント)集めゲーになる

橋をかけたりDIYしたりどうぶつを島に誘ったり・・・こういうことをやり尽くすとお金とポイントを集めるだけの、なんか作業みたいに思うことがあります。

魚やムシを売ったらお金になりますし、住民と話したり雑草を抜いたりするとポイントがもらえますが、

とりあえず釣りして魚を釣って、とりあえずムシを捕まえて、とりあえずポイントのミッションをクリアしてみたいな・・・これを続けていると「無」の状態でゲームしているときが僕はありました。

そして当然ですが、こうやってプレイしていると飽きてしまいます。

 

春のイースターの季節イベントは正直ダメすぎ

4月12日まで春のイースターのイベント期間でしたが、これが個人的にヒドかったなと。

イースターのイベント中はイベント用の家具などをたくさん作れるようになり、材料として卵を使いましたが、

釣りをしててもやたらと卵が釣れるし、パチンコで風船をおとしても卵ばかりだし・・・普通に魚とか欲しいのにこればっかなの?と正直思ってしまいました。

しかも家具をたくさん作れるようになるだけで、他にこれといって楽しいことないし・・・季節イベントってこんなものなのかという感じ。

北半球の無人島ならこれから夏、秋、冬と続きますが、それも正直期待できなくて微妙だろうなと思うところです。

今後のアップデートでどうなるか分かりませんが、この辺もストレスがたまったところでした。

 

よく使う道具が壊れやすすぎてDIYが面倒になる

その他に地味にストレスだなと思ったのが、釣り竿やムシとりあみなどのよく使う道具が壊れやすいということ。

普通の釣り竿、ムシとりあみ、石のオノなどは集中的に使っているとすぐダメになります。

そうなると同じアイテムを一日に何度もDIYしないといけないので、それがちょっと面倒。

 

さらにDIYに着目すると、DIYシステムがちょっと融通がきかない

これだけだと分かりづらいので具体例をだします。

  • 同じDIYをまとめて出来ないので、一つずつチマチマ作らないといけない
  • 「普通のつりざお」を作るときは、一旦「しょぼいつりざお」などの廉価品を作った後じゃないと作れない(ムシとりあみやオノなども同じ)

この2つのDIYシステムは、ゲームをやりこんでくると結構ストレスになってきます。

慣れてくるとこの非効率な仕様がなんともモヤモヤとしてくる感じです。

ただこのあたりは今後のアップデートで解消するかもしれないので、そこに期待という感じでしょうかね。

 

とりあえず流行に乗って勢いで買わないほうが良い

一応僕はスマホ版でハマった経験があるので、あつ森に期待して買ってみましたが、それでもこのような有様。

たしかに在宅することが多くてあつ森は最適なゲームのような感じになってますが、とりあえず流行ってるからで買うのはやめた方がいいゲームです。

僕が飽きた理由をお伝えしてきましたが、それを見て「あーそんな内容のゲームなのか」と思った方は、おそらく期待外れになるでしょう。

値段もそこまで安くないゲームですし、飽きてしまったらもったいないので、買う前にこんな意見も参考にしてもらえればなと思います。

 

あつまれ どうぶつの森を長くプレイできる人(向いている人)とは

ここまで飽きた理由を紹介してきましたが、決してあつ森がダメなゲームということではないです。

ただ僕がこのゲームに合わない性格だったことが大きいと思いますし、同じように思う人もいるでしょう。

それでも周りで面白いと言っている友人もいるので、もちろん向き不向きがあるということです。

そこで向いている人の特徴を僕なりに考えてみました。

  • じっくり時間をかけてもゲームを楽しめると思える人
  • 基本的にデザインをしたり考えたりすることが好きな人
  • ゆるーくほどほどに遊べればいいと思う人
  • 多少の不便も面倒と思わない人

このような方は、あつ森を楽しんでプレイできるのではないかと思っています。

いくらゲームの進みが遅いと思っても、そもそもそういうゲームということを考えると、じっくりプレイするのが前提のような気がしますし、

これからどんなイベントがあるか分からないところも面白みがある部分と言い換えることができます。

あくまで僕はこのゲームと合わなかっただけということなので、僕の感想を読んで「なんだ?それくらいのこと?」と思える人なら間違いなく楽しめるでしょう。

なので、あつまれ どうぶつの森買おうか悩んでいる人には、僕のハマらなかった感想も参考にしてもらえればと思います!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
じっぷ

じっぷ

愛車のスバルXVに乗って旅行に行くのが好きなアラサー男。
主にスバルXV関連のことや、旅行・観光地にまつわること、買ってよかった・悪かったもの等について独断と偏見で発信していきます。

-どうぶつの森
-,

© 2020 じっぷログ