買って良かった物

枕の高さを簡単調節!Opsleep安眠枕はエアバック内蔵で誰でも合うような枕!

2019年7月2日

枕の高さってけっこう大事だと思いませんか。低くすぎても高すぎてもよく寝られないですし、高さが合わないと首や肩甲骨のあたりが痛くなって日常生活にも支障をきたしてしまいますよね。

でもフィットする枕の高さって人それぞれ。だからといって寝具専門店で自分用の枕を作るのは高くて面倒だし、通販で買うとしても高さが合わなかったときが怖い。

そんなことを考えながらいい枕を探していたんですが、そんな私のように高さを心配する人にちょうどいい枕を見つけました。

枕なのに高さを自由に簡単に変えられて、なおかつ感触もバッチリ。こういう枕を早く見つけたかったなと思いました。

Opsleep安眠枕

今回購入したのは「Opsleep安眠枕」。「エアバックで高さ調節可能・自然の木の香り・抗菌防臭・メッシュ素材で蒸れにくい」などの謳い文句があるようですが、1番はエアバックでの高さ調節。

上記写真だと下半分の盛り上がっている部分がそうです。

枕のサイド部分がメッシュ素材になっていました。確かに蒸れにくそうな素材ですね。

枕の形状というか盛り上がり具合はこのような感じ。

中国産のようですが、まったく作りやクオリティに心配はないです。

簡単な取扱説明書が同封されています。

この枕はうっすら自然の木の香りがしますが、おそらくそのサンプルとして使用されている木も同封されています。自然なにおいなので嫌な人は居ないんじゃないかと思います。

エアバックで高さ調節が自由&とても楽

メッシュ素材になっている枕の角に、エアバックのポンプ部分が付いています。

枕のサイド部分には空気を調節するナットがあります。これを時計回りに回すと閉められて、反時計回りに回すと緩められます。

ナットを閉じてから角のメッシュ部分を揉むと、空気が入ってエアバックが膨らみます。全然力を使わなくても簡単に空気が入るので楽ちんです。

空気を抜くときは、ナットを緩めてからエアバック部分を押します。たったこれだけなのでめちゃくちゃ簡単です。

これがまったく空気が入っていない状態の枕。高反発な枕なので、空気が入っていなくてもしっかりと頭を支えてくれる感じがあります。

これが最大限まで空気入れた状態の枕。けっこうパンパンになるまで空気が入ります。さすがにこんな空気マックスな状態では使いませんが、これだけの高さの幅を作れます。

そのため微調整して自分にフィットする高さに合わせることができるということです。

空気の枕でありがちな変な固さは全くなくて程よい感触

空気を入れて使う枕というと、100均で売っている首に付けて使う簡易的なものを想像するかもしれませんね。当然ですが、あれって空気の感触が強すぎて変に固い感じがありますよね。

旅行のときにちょっと使うときはいいですが、さすがに家で寝るときにあんな感触だと最悪です。

でもこの安眠枕は空気を入れたからといって全く変な固さがないので、とてもいい感触で使えます。元々の生地がちゃんとしているのでその辺は問題ないですね。

ビーズを入れて高さ調節するタイプのような粒々感もない

今まではこういうビーズを入れて高さ調節をする枕を使っていますが、これって感触がよくないんですよね。なんともいえない粒々感もそうですし、固さもあります。

でも安眠枕の場合だと、空気なのでこういう物が入っている感じがありません。この辺も感触のよさにつながっていると思います。

寝返りをしたり横向きに寝たりしても首が痛くならない

感触が悪い枕や私が使っているようなビーズの枕だと、寝返りや横向き寝をしたときに気づくと首が痛くなっていることが多いですよね。

でもこの安眠枕だと空気で包み込むように頭の重さを受けてくれるので、朝起きて首が痛いということがないです。もう何度も使っていますが、そういう痛くなりそうな予兆もないので今後も大丈夫だと思っています。

今まで首が痛くなることを懸念して寝返りや横向き寝がしづらかった人も、そういう悩みがなくなると思います。

枕がヘタりづらいので長い間使えてお得&手間がない

これもエアバック内蔵のいいところで、枕がヘタりづらいので長い間使える魅力があります。

特に低反発な枕だとやっぱりヘタってくるんですよね。いくらオーダーメイド枕であってもヘタる。でもこの安眠枕は元々が高反発な枕でもあるし、空気で調節するので、ヘタる心配がほぼほぼないといっていいでしょう。

結果的に長く使えるということは、それだけコスパがよくてお得だし、自分に合うような枕を探す手間もなくなります。

やっぱり寝具って毎日お世話になるものですから、こういうメリットがあるのは大きいですよね。

まとめ:寝ることへの怖さが解消されるような枕

快眠ライフを手に入れるにはやっぱり枕は大事です。

自分の体に合っていない枕を使っていると、翌日首や肩甲骨あたりが痛くなるんじゃないかという怖さがありますよね。あの痛みって本当尾を引くから苦痛です。でもそういう怖さもこの安眠枕を使っていれば解消されると思います。

デメリットらしいデメリットを探してみましたが、正直ないという感想です。エアバックが破裂したら高さ調節できなくなりますが、そんなイレギュラー的なことを言ったらキリがないですしね。

「ちょうどいい高さの枕がなくて悩んでいる・すぐ枕がヘタってしまって困っている・首あたりの痛みに苦しめられている」という方に、とてもおすすめできる枕です。

ぜひ、チェックしてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
じっぷ

じっぷ

愛車のスバルXVに乗って旅行に行くのが好きなアラサー男。
主にスバルXV関連のことや、旅行・観光地にまつわること、買ってよかった・悪かったもの等について独断と偏見で発信していきます。

-買って良かった物
-,

© 2020 じっぷログ