まとめ

オンライン資格確認で患者側のメリットは?今までと何が変わるのかを解説

僕たちが病院やクリニックに行く際は受付に保険証を提示するのが一般的ですが、今後はこの手続きがちょっと変わっていく予定。

それが2021年(令和3年)3月から運用開始予定の、オンライン資格確認という仕組み。

ただオンライン資格確認とだけ聞いても、患者側からしたら「何ソレ?」という感じではないでしょうか。

僕は仕事の関係でオンライン資格確認のことをある程度知る機会があり、大まかな仕組みは理解しているつもりです。

それでも厚労省のHPやネットでは医療機関向けのメリットばかり載っていて、患者側からどう見えるのか?ってあんまり情報にないんですよね。

ということで今回の記事では、オンライン資格確認という仕組みが患者側にとってどういうメリットがあるか?受付での手続きが今までとどう変わるかなどについて解説したいと思います。

そもそもオンライン資格確認とは?ざっくりと説明

まず、そもそもオンライン資格確認とはなんぞや?というところを患者目線で。

超簡単に言うと、健康保険証だけでなくマイナンバーカードでも受付で手続きができるようになる仕組みです。

実際にはもっと奥が深い仕組みで、医療機関側からするとちょっと↑の意味合いは違うかもしれませんが、患者側からしたらこのように覚えておけば良いと思います。

なので、シンプルに医療機関を訪れるときは、保険証でも良いし、マイナンバーカードでも良いんだなぁと思う程度でOK。

じっぷ
深いことを言うとややこしいと思うので、この記事では割愛します。

オンライン資格確認での患者側のメリット(長所)は何?

1:マイナンバーカード1枚あればOK

分かりやすいメリットは、やはりマイナンバーカード1枚あれば保険適用で診察、治療をしてもらえることです。

いまもマイナポイントとかのPRに力を入れていますが、政府はマイナンバーカードの普及率を上げたがっていますし、新型コロナがきっかけでマイナンバーカードを作った方もいるかと思います。

時流的にもっとマイナンバーカードが便利に使える可能性はあり、その1つとして医療機関への手続きもカード1枚あればOKというのは手間が無いし面倒くさくないと想像できます。

もちろん今後どうなるかは分かりませんが、こういう1つのモノで何かを証明する機会が増えるのであれば、当然メリットということになるでしょう。

2:限度額適用認定証の申請の手間がなくなる

オンライン資格確認の導入前であれば、限度額適用認定証は必要に応じて患者が申請しないと発行されません。

一方でオンライン資格確認が始まり、この仕組みを導入している医院であれば、わざわざ患者側が申請しなくても限度額情報が取得できます。

そのため患者は限度額以上の医療費を窓口で支払う必要がなくなるので利便性が高くなります。

この場合、患者側から情報閲覧の同意を得る必要がありますが、限度額を気にする方にとってはメリットを感じるのではないでしょうかね。

3:災害時でも患者に合った医療が受けられる

上記の2と同じように、オンライン資格確認を導入している医院では、患者の薬剤情報や特定健診情報も閲覧することができます。

じっぷ
もちろんこの情報閲覧も患者の同意が必要にはなります。

一方で災害時の場合、特別措置としてマイナンバーカードによる本人確認ができなくても、オンライン資格確認を導入している医療機関であれば患者の薬剤情報などを見ることができます。

これは一見すると「無断で見られるのは何か嫌だ」と思うかもしれませんが、災害時の一刻を争うときでも患者に合った医療を提供することにつながります

例えば「避難するときに薬を置いてきてしまい、どんな薬を飲んでいたか分からない。もう薬がなくて困っている。かかりつけの医院にも行けない・・・。

こんなときでも患者が服用している薬を素早く提供することができると思われ、利便性が高くなると言われています。

※ちなみに特定健診等情報は令和3年3月から、薬剤情報は令和3年10月から閲覧可能となります。

マイナンバーカードの情報が漏れることはないのか?

マイナンバーカードを取り扱いことで、12桁の番号が漏れる心配をするかもしれませんが、基本的には情報が漏れることは無いと考えられます。

というのも、そもそも医療機関の窓口では患者のマイナンバーカードを預かりません

患者自身が読み取り用のカードリーダーに置き、マイナンバーカードのICチップから個人の顔写真データなどの情報を取得するため、漏れようがないというわけです。

またマイナンバーカードでチェックした情報も医療機関のほうに保存はされないため、あとで患者のマイナンバー情報を盗むというのも考えられません。

ただこういう運用をしたとしても、例えばマイナンバーカードの番号を直接盗み見たりは考えられるので、そういう意味ではその場にいるりの人に見られないようにする必要はあるかもしれません。

なので、あくまでカードリーダーで操作する分については、マイナンバーの情報は漏洩しないという感じです。ということで"基本的には漏れない"という表現になります。

オンライン資格確認での患者側のデメリット(欠点)は何?

デメリットとしてはマイナンバーカード利用時だと窓口での手続きの流れが分かるので、慣れるまで時間がかかったり、特に高齢者にとっては利用のハードルが高いことが考えられます。

正直なところ、いまの保険証での手続きって受付スタッフに保険証を渡すだけで済むことが多いので楽。

ですが先述したように、マイナンバーカードを使う場合は自分でカードリーダーに読み取らせる必要があります。しかもカードリーダーのメーカーは1つではないため、機械ごとに使い方も微妙に違うことが考えられます。

そうなると慣れるまでに時間がかかりますし、いちいち覚えないといけないのがストレスに感じることがあるかもしれません。

まだ若い世代やデジタル慣れしている方はなんとかなるかもしれませんが、不慣れな高齢者では困ることが多いと思います。

じっぷ
この運用の違いが受付スタッフに負担を与えてしまうのも不安要素の1つですね。

なので、こういう運用方法が変わることのストレスがあることはデメリットとして理解しておいた方がいいかと思います。

オンライン資格確認は義務ではないので医院によっては対応してない

ここまで読んだ方で、ぜひ保険証じゃなくてマイナンバーカードを使っていきたい!と思った方もいるでしょうが、オンライン資格確認は義務ではないので、医療機関によっては対応しない選択肢も考えられます。

じっぷ
オンライン資格確認に対応するにしても、医療機関はそのためのシステムや機械にお金を投じる必要があるので、やりたくない医院はいるでしょうね。

当然ですが対応していない医療機関では今まで通り保険証が必要になります。

いざマイナンバーカードを持っていっても使えないのは困るので、対応しているのか事前に聞いておかないといけません。

これから国はマイナンバーカードでも保険を使って診療を受けられます!とか謳う可能性がありますが、受けられる・受けられない医院は分かれると思うので注意が必要です。

オンライン資格確認を導入している医療機関であれば、マイナンバーカードでも保険証でもどちらでもOK。

まとめ:オンライン資格確認は医療機関にとってのメリットが大きい

ここまでオンライン資格確認がはじまることでの患者側のメリットやデメリット、いままでとの窓口手続きの違いなどを説明してきましたが、個人的な意見としては、患者側よりも医療機関側にメリットが大きいと思います。

結局のところマイナンバーカードがなければ土俵にも乗れないですし、マイナンバーカードの実用性が不透明な点もどうなんだろうなというところ。

一方で医療機関側としては、保険資格の確認の精度高められ、慣れれば事務処理が減ることが考えられるので、メリットは大きいのかなと思います。

さらに言うと、制度としては2021年3月からはじまるオンライン資格確認ですが、国が進める制度なのでこの先どうなるか分からないところもあります。計画的に進むのかどうなのか、そのあたりも懸念点ですね。

とはいえ、オンライン資格確認の仕組みやメリット・デメリットを少しでも理解しておくことも大事なのかなと思います。保険を使って医療を受けるのは身近なことですし、もしマイナンバーカードを持ったときの選択肢も増えますしね

→厚労省:被保険者向けオンライン資格確認(マイナンバーカード利用)について

興味のある方は上記の厚労省HPを見ても良いかもしれません。被保険者向けに詳しく載っています。

今回の記事は以上です。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

じっぷ

愛車のスバルXVに乗って旅行に行くのが好きなアラサー男。
主にスバルXV関連のことや、旅行・観光地にまつわること、買ってよかった・悪かったもの等について独断と偏見で発信していきます。

-まとめ
-, ,

© 2021 じっぷログ